沿革

昭和6年3月
木更津市仲片町にて創業。海上運送業開始。
昭和17年1月
共栄海運有限会社を資本金100万円で設立。
昭和26年3月
中央SS開設。石油類の卸、小売業を開始。
昭和27年2月
高柳SS開設(〜平成19年12月)。
昭和34年7月
中里SS開設。
昭和41年5月
資本金300万円に増資。
昭和42年4月
石油類販売専業となる。運輸部門、建材部門を分離させ、共栄運輸株式会社を設立。
昭和43年4月
長須賀SS開設。
昭和44年6月
潮見SS開設。
昭和44年7月
給油船2隻を配備し、船舶に対する燃料、潤滑油等の販売開始。
昭和45年9月
太田SS開設。
昭和48年3月
資本金1,200万円に増資。
昭和53年8月
資本金1,800万円に増資。
昭和53年10月
不動産部門、保険代理店部門を分離し、共栄商事株式会社を設立(現 共栄総合サービス)。
昭和55年9月
株式会社へ改組。
昭和56年9月
和泉SS開設(〜平成13年4月)。
昭和58年9月
資本金3,000万円に増資。
昭和59年7月
船舶用品販売開始。
昭和63年4月
潮見SSを廃止し、潮浜SS開設。
昭和63年10月
中央SSを廃止し、中央灯油配送センター開設。
平成元年3月
潮見油槽所開設。
平成元年4月
LPガス販売開始。LPG配送センター開設(平成18年10月 営業譲渡)。
平成6年3月
新社屋落成に伴い、木更津市潮見に本社移転。
平成13年12月
第六昌天丸就航。
平成15年5月
車検センター開設。
平成21年3月
太田SSをセルフステーションに全面改装。
平成22年2月
太陽光発電機器販売事業開始。
平成23年7月
中古車販売買取事業開始。